シータナゴフックの特徴は、細いフック、広いフックドア、長いフックハンドル、やや内向的なフックチップなどで、サイズ4以下のシータナゴフィッシュフックは小魚の釣りに適しています。クルーシアンコイなど、4番以上の海タナゴフィッシュフックは釣りに適していますが、コイなどの大きな魚を釣るには、海タナゴフックの長所と短所を見てみましょう!

1.海タナゴのフックタイプの特徴

シータナゴフィッシュフックは、小魚を釣るのによく使われるフックタイプで、細いフック、広いフックドア、長いフックハンドル、やや内向きのフックチップが特徴です。違いはフックドアです。シーフックはスリーブフックより幅が広く、スリーブフックのフック先端は真っ直ぐですが、シーフックはやや拘束されており、シーフックのフック形状もスリーブフックよりやや大きめです。

海タナゴ

2.海タナゴフックのメリット

海タナゴ釣り針の主なメリットは4つあります。1つはフナなどの小魚に比べてフック本体が軽く、餌を吸うことができます。1つはフナなどの短い唇の魚の口をしっかりと握り、4つ目はフックの先端がわずかに拘束されているため、魚の流れを効果的に防ぐことができます。たとえば、No。2の海タナゴの釣り針は、ほとんどすべてのフナを殺すことができます。

海タナゴ詳細図

3.海タナゴフックのデメリット

海タナゴ釣り針の最大の欠点は強度が低いことです。最終的な分析では、海タナゴ釣り針のフックが薄すぎます。鯉などの大きな魚を捕まえるのに適していますが、大きな海タナゴフックは、魚が活発でない季節に小さなコイやグラスコイを捕まえるのにも使用できます。

海タナゴサイズ画像

4.海タナゴフックの使用上の注意

1.海タナゴフックは小魚釣りの際によく使われるフックタイプです。例えば、No.1シータナゴフックは小麦の耳魚を釣ることができ、No.2シータナゴフックはほとんど釣ることができます。フナを殺します。

2.タナゴフィッシュフックの長所と短所はすべて細いフックに由来します。長所は魚よりも餌を食べる魚よりも軽いという長所と、強度が低くて食べやすいという短所です。魚によって変形されます。

3.海タナゴフックは鯉などの大きな魚を捕まえるのには適していませんが、魚が活発でない場合は、大きな海タナゴフックを使って小さな鯉を捕まえることもできます。