釣り針は釣りの要であり、釣り針の選択とメンテナンスは非常に重要です。

1、釣り針の選択

①魚種に合わせてフックを選ぶ 魚の種類によってフックの持ち方が異なります。例えば、口が小さく、唇が薄く、性が穏やかな鮒は鉤が細い小型の鉤を使用し、口が大きく唇が厚く力強い鯉は、鉤の幅が広い鉤を使用します。フックドア、深いフック底、太いフック。日本の釣り針には、フナ釣り針、鯉釣り針など、魚種に応じて名前が付けられているものがあります。これらの特徴が考慮されています。

②魚の大きさに合わせて釣り針を選ぶ 小さい釣り針では大きな魚が釣れますが、大きい釣り針では小さな魚は釣れません。したがって、フックを選択する際の基本原則は、大きくなくて小さくすることです。ただし、魚の状態や水質など、現地の状況に応じたフックの選択も必要です。

③釣具に合わせてフックを選ぶ 釣具ごとにフックは異なります。例えば、手さぐりの場合は柄と平行な先端の針、シーロッドや引きずりの場合は柄が短く先端が内向きの針が使いやすいです。飲み込みやすく、フックを外すのは簡単ではありません。

2、 フックの選び方

①外観:外観が均一で、フックストリップの厚さが均一で、表面が滑らかで、色が均一です。

②フックの先端: フックの先端を手でそっと触れて、べとつくように感じたら、それは鋭いこと​​を意味します。

③バーブ:バーブの位置はフック先端に近く、開き角度は25°~30°。バーブが低すぎたり、長すぎたり、開口角度が大きすぎたりすると、突き刺すのは容易ではありません。

④フックハンドル:フックハンドルのサイズと厚さは適切であるべきです。フックラインが小さすぎるとほつれやすく、細すぎるとフックラインが切れやすくなります。

⑤強度・靭性:フックの先端を手でつまんで内外に押し引きし、フックが折れたり、フックが変形したりした場合は廃棄してください。

3、釣り針の使用とメンテナンス 釣り針の鋭さは釣りの速さを左右する重要な要素であり、釣り針の鋭さをどのように維持するかは、すべての釣り人が気をつけなければならない問題です。

①釣りをする前に、使用する針先が尖っているか、釣り針が合っているか、釣り糸がしっかりと結ばれているか、結び方が正しいかなどを一つ一つ確認する必要があります。

②フックの先端は最も重要な部分ですので、特に保護する必要があります釣りをするときは、フックの先端が硬いものに触れないように注意してください.草の上から釣りをするときは、できるだけ草を垂らさないようにしてください.水草はフックの先が鈍りやすいので。

③大物を釣った後は、針先が尖っているか確認し、鈍い場合は針を交換してください。

④使用後は、フックの表面をきれいに拭き、乾燥させ、少量の植物油を塗布してください。鈍いフックは砥石で研ぐことができます。

⑤長期間使用しない釣り針は、涼しく乾燥した場所に置き、できれば密閉して保管してください。