コイは淡水で捕まえるのが最も難しい魚です。 生まれつき臆病で疑い深い。 また、光が苦手で静かを好むので、やみくもに釣りをしている場合は、癖がわからない場合は運試しをするだけです。 科学的に狙われる釣りならコイは全然難しくありません。 鯉釣りのコツはこちら

鯉
1.ラインセットの合わせ方 ラージラインは1.5号、サブラインは1.2号 4号以上のサイズがドリフトで大活躍 野釣りなら8号と2号、5号と2号の調整がおすすめ池釣り用。 フックは伊勢尼4.5、伊豆6.7、新関東フックは0.5~1。

伊勢尼実際の写真

2.ロッドを持ち上げてスケートをするときは、ロッドをすばやく持ち上げ、前方に押し、短く、速くする必要があります。 20cm持ち上げて、魚を強く刺します。 滑り魚、鯉は強者の格言があり、綱引きをするな、鯉は積むのが好きなので注意が必要です。

鯉
3. 天候と場所の選択 光を恐れるコイは、晴れでも曇りでも、水深1.8メートル、橋脚の横、木杭の横を選びます。 石で水。 それからコイが泳いで戻ってくる場所である突き出た場所があります。 曇りで風のない日に鯉を釣ると、大収穫が得られます。