気温が下がって涼しくなる秋は、鯉釣りの良い時期です。しかし、コイは非常に狡猾な魚であり、食べるのに非常に用心深く、大きなコイを捕まえるのは本当に難しいです. 現時点では、大きなコイを捕まえたい場合は、いくつかのスキルと祝福が必要です.鯉釣りに出かける際に、スキルをマスターする準備ができていれば、間違いなく豊作です。

鯉

1.釣り場を選ぶ

初秋はまだ少し気温が高いので、この時期のコイ釣りは夏場の釣りをイメージして釣り場を選ぶといいでしょう。気温が比較的高く暑い時期は水深の深いところの木陰や水草のあるところに魚が隠れることが多いので、初秋のコイ釣りならこちらがおすすめ水草は酸素が豊富であるだけでなく、これらの場所の突き出た白樺の先端または入り江や風下、風下なども好釣場。

鯉

2.ベイトマッチング

 

コイは雑食性の魚で、肉餌でも草食餌でも食べます。野鯉釣りのエサは匂いが強すぎて他の魚に捕まってしまうので、私の長年の経験からサツマイモ、トウモロコシ、小麦などの穀物エサを使うのがベストです。釣りは鯉を捕まえるために巣を作る必要があり、さらに大きな巣を作るには、鯉がたくさん食べるため、巣の材料をよく準備する必要があります。餌の粒状魚粉の割合は3:3程度がベスト。