暑い夏になると、気温が上がると貯水池全体が強烈な生臭さを帯びてきます。少し離れたところでは、おじいさんたちがシーロッドで遊んだり、シルバーカープやビッグヘッドカープを釣ったりしていて、私たちはちょうど貯水池の端まで車を走らせていましたが、今回のターゲットはコイです。釣りを習っていた頃、先輩から「夏に貯水池で釣りをするとき、主に鯉を釣りたいのなら、鯉の食性に合わせて釣り場を選べばいい」と言われたことを覚えています。大鯉の採餌ルートが好まれる釣り場です。 .また、餌の巣と釣り道具のマッチングも考慮する必要があります。一言で言えば、釣りは比較的総合的なスポーツです。以下、初心者の参考になればと思い、夏の大物鯉釣りの釣り場選びのコツを詳しく紹介します。

鯉

1. 鯉の採餌習性に合わせて釣りポジションを選ぶ

 

夏に貯水池に鯉を釣りに行くときは、鯉の採餌習性に応じて釣り場を選ばなければなりません。夏に鯉釣りをする場合、天気が良く、風が良く、空が澄んでいれば、まず日陰など直射日光の当たらない場所を釣り場として考えます。コイはこの種の釣り場を選んで生きることを好みます。

鯉

2. 天候や時間帯に合わせて釣り場を選ぶ

 

夏に貯水池に鯉を釣りに行くときは、天候や時間帯に応じて釣り場を選ばなければなりません。コイを釣る場合は朝夕の釣りを選び、大きなコイを釣る場合は芝に近い海域や青々とした芝に釣り場を設定するようにしてください。曇りや雨の場合は、草の生育地に近い貯水池のほとりや、沈泥の多い水深の深い川岸などを選ぶと、大型の鯉を釣るのに最適な釣り場になります。

 

鯉
3. 貯水池の水質に合わせて釣りポジションを選ぶ

 

夏に鯉釣りをする場合、貯水池の特性に合わせて釣り場を選ばなければなりません。夏にコイ釣りをすると、雨や洪水などの要因により、一部の貯水池の水中の溶存酸素量が増加します. 海岸近くの浅瀬には、植物の実や昆虫、その他の食物がたくさん含まれています. 大きなコイが選択します.比較的静かな夕方や朝にここで泳ぐことができるので、夏の朝夕は増水後の干潟を大きな鯉の釣り場として選び、釣りにとても有利です。

鯉
4.貯水池の水位の深さに応じて釣りの位置を選択してください

 

夏に鯉を釣る場合、貯水池の深さに応じて釣り場を選ばなければなりません。夏には、貯水池のダムや貯水池につながる橋の穴の下など、水深2メートルほどの釣り場にコイが多く生息していることが多く、コイ釣りにも最適な釣り場です。近くの村人が定期的にいる場合は橋脚 米や野菜を洗っている場所では、大きな鯉が長い間エサを食べているので、この場所にも長く住んでいます。夏に大きな鯉が釣れるのでとても助かります。