パーチには大きく分けて、シーパーチ、オオクチバス、カワウソ、ソンジャンパーチの4種類があり、その中でもソンジャンパーチは乱獲により現在希少で、わが国では保護動物となっています。松江バスの釣りには一定の制限があります。したがって、現在、漁師は、生きたドジョウを糸のフックに掛けるか、フロートの底で釣りをするのが最善であると提案しています。

シーバス

(1) 静止浮き釣り

手竿や海竿で活餌を吊るし、釣り場で比較的静止して釣ります。 5.4メートルまたは6.3メートルのハンドポール。主に浮き釣り。餌は、大きすぎない生きたミノーが望ましいです。フッキング時はバックを通すことで活性を保ち、泳ぎ続け、吸引力が強く、ミノーがあまり動かなくなったらすぐに交換する必要があります。ベイトからフロートまでの距離は、バスの遊泳層に合わせた1~1.5メートル。生きたミノーが無い場合は魚肉も使用できますが、効果はかなり劣りますので、少し引きずったりシェイクしたりするなど、釣りの際に挑発的な技を加えると良いでしょう。

シーバス

(2)シーロッドとフックを使った浮き釣り(貯水池での釣りに最適な方法です)

ストリングフックとは、フックが一定の距離で釣り糸に結び付けられてストリングを形成することを意味します。 3 メートルのシー ポールを選択し、ストリング フックを掛けることができます。ストリング フック全体の長さは約 1 メートルで、フックを 3 つ結びます。フックの上の幹線にプラスチック製の薬瓶を取り付けて浮きを作り、糸を瓶口に数回巻き付けると浮力が大きくなり大変便利です。積載されたミノーも、生き続けるために背中を通過する必要があります。フックベイトを水中に投げ入れたら、ドリフトさせます。時々風で岸に飛ばされますので回収の必要はありません リードシンカーが岸に着底して浮きが岸に来ない 水深が1メートル以上この時期、特に夕方にマンダリンフィッシュが釣れることが多く、小魚を追って岸までやってきます。

シーバス

(3) ハンドロッドでの釣り

バス釣りは一般的に3~4ポンドで、メインラインには4号以上のナイロン糸、サブラインには3号以上のカーボン糸を使用することをお勧めします。 3000以上でフックしてまたフック。フローテーションの選択は流量によって異なりますが、アボドリフトは1~10本、一般的には6~8本以上を使用します。釣り層は1.5メートルから釣り始め、1メートルごとにフックに食い込まずに深まります。巣を作る必要がなく、生きた白エビ、エビ、タケエビを直接吊るすことができます。アポが浮いてポールを持ち上げます。