秋田キツネは小魚釣りによく使われるフックタイプで、フックバーが細く、フックドアが狭く、フックハンドルが長く、フックベンドが大きく、フック先端がストレートなのが特徴で、フックのデザインから小魚釣りに最適です。フナや白棒などの魚が釣れますが、大型の秋田キツネ釣り針は小型のコイやソラマメなども釣れるので、1号秋田キツネ釣り針のサブラインの使用本数を見てみましょう!

秋田キツネ釣り針
秋田きつね

1.基本データ

フックの種類 秋田キツネフック 1号型 引き値 1.6~2.0kg
フック本体長さ7.5mm フックドア幅2.5mm 溝底深さ3.2mm
フック径0.26mm、白身魚、フナ、ティラピア、サバなどの釣りに最適
ご注意:秋田きつねのサイズには統一の基準はありません. 秋田きつね1号の上記データは参考値です. 実寸を目安としてください.

秋田キツネ釣り針

秋田きつね

第二に、ライングループマッチング

1号秋田キツネ釣り針は0.6号副糸(ナイロン糸)と1.0号本糸(ナイロン糸)を合わせるのが一般的です。 1号秋田キツネ釣り針は、フック本体の長さ約7.5mm、フックドア幅約2.5mm、引き力約1.6~2.0kgで、白身魚やフナなどの小魚を釣るのに最適です。コイ、ティラピア、サバなどにはサブラインがおすすめです0.6ナイロン糸ならメイン糸は1.0ナイロン糸がおすすめです。

秋田きつね

3. 釣り重視の議論

1号秋田キツネ釣り針の張力値は約1.6~2.0kg、0.6号副糸の張力値は約1.5~1.8kg、1.0号本線の張力値は約2.2です。 -3.0kg ラインセットから見れば最大1.5~1.8kgまで対応可能 キログラムの重さですが、1.5~1.8キロの魚が釣れる訳ではありません 一般的に1号秋田キツネフック1~2尾の魚を釣るのに適しています。

秋田キツネ釣り針

秋田きつね

釣りに適した4つ

1.シジミ:シジミは一般的な淡水魚で、一般的に食事ストリップ、鋭い口、スイマーなどとして知られています。小川、溝、川、湖、貯水池、その他の水域に広く分布しています。全国に分布し、一般的な個体は7~13cm、最大の個体は25cmにもなります。

2、フナ:フナは最も一般的な淡水魚で、一般的にフナの種子、フナ、フナの貝などとして知られ、池、小川、溝、川、湖、貯水池、その他の水域に広く分布しています。国内では、フナ(土)フナ)は一般的に1斤未満です。

秋田キツネ釣り針

3.ティラピア:ティラピアはわが国から導入された淡水魚で、通称アフリカフナ、フショウ、ティラピアと呼ばれ、2kgを超えるものは非常にまれです。

4.イカ:イカは一般的な淡水魚で、通称ブリ、キクチ、キクチなどと呼ばれ、全国の小川、河川、湖沼、貯水池などの水域に広く分布しており、一般的な個体は200~ 500 グラム. 最大の個人は 1 から 2 kg に達することができます。